忍者ブログ
マルコおいちゃんのドイツ生活ああだこうだ事典
≪Bar di Marco≫から旧名に復帰しました。  
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

と歴史のお勉強のごときものを並べ立ててしまったが、ここからが大切な妄想の中心である。

 

学生が準備が整うと導師が現れる、という言葉がある。どんな立派な老師でもボケッとした学生では何も教えることができない事の反語的表現でもある。がしかし、この言葉どおりに受け止めてもよい。それは「偶然」に起こるのである。

 

「なにもの」かがそのように手配するもの、と考えられる。真理とはそのように伝えられるものなのであろう。

 

空海のシナへの遣唐使船乗船までの七年間の行方は謎である。故郷の四国の深山幽谷で日本古来の修験道の修行をなしていたともいわれる。

  

その行の終わりに室戸岬において明星が口に入るという、奇跡があったといわれる。

 

その奇跡の力のせいか唐に渡ってからはたった二年のうちにシナ語を修め、またサンスクリット語も学んだ。そしてシナ密教の最高阿闍梨・恵果から灌頂をうけてその後継者となったのである。

 

恵果はなぜ日本からの留学生・空海をその後継者に選び、灌頂をおこなったのであろうか?それはもちろん空海の器を見込んだからであろうが、あるいは恵果はもとからそのような後継者が現れるのをあらかじめ知っていたのかもしれない。

 

 

いずれにせよシナに渡った密教は、その正統な後継者・空海により日本へもたらされたのである。

 

密教とは、釈迦という人間の口から説かれた説法すなわち顕教とことなり、大日如来が仏の言葉(真言)で直接説くものであるため、そのままでは人間には理解不能である。そこで神秘的な修業体験を通じてその真言にアクセスするものが密教である。

  

そしてその密教の正統な本流が日本に保持されて今に至るのである。

 

このことの意味は限りなく大きく深い。

 

 

わたしは密教の修業体験はないから、そのように頭で表層を理解したつもりになっているだけである。が、それだけでも「あるもの」の意思を強く感じずにはおれない。

 

「そのもの」は、特殊な任務をわが国に与えているのである。この任務がわが国に与えられるのを境とするように、シナは衰退をはじめ、日本は栄えてきた。

 

ヤマトの国が仏教の成立とほぼ同時期に建国されたのは、まさにこの任務を受け止めるためだったのではないだろうか?

 

そのような「ある意思」を感得するのは意識ではない。いうもいわれぬある力、ユングなら無意識というだろうが、その不思議な力なのである。

 

かって仏教が栄えたシナは、元来よりの物質至上主義の無神論的混沌へと戻っていった。そして今や巨大なリヴァイアサンとして世界を滅ぼそうとするかのようにその混沌を広げようとしている。そしてその悪意の狙いの一つは日本に中てられている。これで日本のなすべき任務が歴史的、文明的なものばかりではなく霊的なものであることもお分かりいただけよう。

 

シナという「仏敵」を打ち滅ぼさねばならない。日本国内に巣食う自称「仏教徒」集団も同様である。真の「仏敵」は「仏」の振りをしていることもあるのだ。まさに悪質である。

 

シナとの戦争が実際の軍事行動ともなればまた多くの命が奪われる。ゆえにシナ的無神論との戦いは霊的世界で行われるであろう。

 

シナ自体にも霊的回心がおこる可能性がないともいえない。法倫功の広がりを見れば期待がもてるのか知れない。

 

 

 

荒唐無稽、寝言のごとき御伽噺と思われる方もおられよう。が、このこと少しづつ解明してみたい。しかし思わぬところまで横滑りしてしまった。また仏教に関する耳学問知識にも限りがあるので、次回はまたユングへと戻ってゆこう。

DaRiRuLai.jpg


























人気blogランキングへ参加しました。よろしければ応援のクリックをお願いします。





36a02c91gif
PR
COMMENTS
この記事にコメントする 
NAME:
TITLE:
URL:

MESSAGE:

PASS:[]
無題 
おいちゃんさま,こんばんは。

我が国はまだ「ボケっとした学生」であるような(笑)。。。

でも時間は待ってくれません。 リヴァイアサンを滅ぼすべき時期は,かなり近づいてきているように思えます。 

礼節の国,長寿の国,黄金の国,,,ここぞというときの底力も,また「あるもの」によって目覚めさせられる気がします! 
2007.11.15 18:59 Posted by umejum | Edit
保険なのかも 
保険の役割なのかも・・・
2007.11.15 19:15 Posted by nihonhanihon | Edit
umejumさん 
表面的には日本も無神論に見えはしますが、目覚めさられる時がくること、間違いなし、と信じています。
2007.11.15 19:39 Posted by マルコおいちゃん | Edit
nihonhanihonさん 
保険とは??
2007.11.15 19:40 Posted by マルコおいちゃん | Edit
無題 
日本が凛として立つ、その日のための準備ですね、今は。
2007.11.15 20:46 Posted by mimisam | Edit
mimisamさん 
こちらにもおいでくださいましたか。ようこそ。

あまりにもコケにされれば、いやでも立ち上がる日がくるでしょう。
2007.11.15 21:06 Posted by マルコおいちゃん | Edit
おいちゃんさんの記事、ものすごく、おもしろいぞ! 
いわゆる周辺は、周期的にエネルギーの放出を繰り返してきたが、彼ら自身が中国を支配する側に立つことで、これまでエネルギーであることを終えてきた。
積年の重商主義パワーで、イギリスの経済を圧倒した中国は、ついにイギリスの逆鱗に触れ、爆発をもたらし、ついには支配を受けた。

これらは、ある種の生理現象に似ていなくもない。

支配されては周囲を飲み込み、新モデルを形成しつつ膨張していく中国は、国境なき世界における特殊な拡大モデルであった。

周辺国のルサンチマン放出で内部を刷新し、大鳴動しながら心不全を乗り越えてきた中国が、今なぜ心不全を解決できずにもがいているか。

冷戦後の新たな世界秩序が形成されたからである。

国境を管理し、民族自律と民主主義、自由経済主義を押し広げることで大国化してきたアメリカが、世界という自分たちの畑を、臆面もなく荒らし続ける存在に、いつまで耐えられるか。アメリカに畑を融通してもらってきた日本とて、同断である。生きてゆけなくなる日をどうやって迎えるのか。

ポスト冷戦的国境、人類の歴史上かつてないほどに強力な国境の存在が、中国の生理現象を止めた。

おいちゃんさんの指摘するメタフィジカルは、勢力として、まさに実体がある。科学が自らを律し得ないのと同様、中国も自らを健全化できない。ポスト冷戦的メタフィジカル連合のルサンチマン放出が、どのように行われうるのか?

なんて...おいちゃんさんのブログから、あらたな国際政治の捉えかたがひとつ立ち上がりそうだね(笑)
2007.11.16 12:01 Posted by kinny | Edit
kinnyさん 
ご指摘いちいちもっともです。さすがの洞察力、感服いたしします。

「ルサンチマンの放出」、といえばいまや世界の周辺となったシナが、それこそたまりにたまったものを一気に射精したいと勃起しつつあるわけです。

その対象にえらばれた台湾は近親ゆえもちろん拒んでいますが、もうひとりの箱入り娘・日本はあまりナイーヴすぎると強姦される危険があります。

なんとかシナに自慰で処理させる方法がないものかと思います。

国際政治といっては以上のようなことを考慮した対策が必要かと。

しかし今回述べたものは、やはり霊的世界から見たシナ処理なんです。16億人の人間がいて、本来なら彼らもすべて救われるべき者たちなのですから・・・。
2007.11.16 16:36 Posted by マルコおいちゃん | Edit
TRACKBACKS
この記事にトラックバックする 
忍者ポイント
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
          ドイツ冬時間
最新コメント
[11/04 アムゼル]
[11/04 美月]
[10/22 美月]
[10/22 アムゼル]
[10/21 美月]
プロフィール
HN:
マルコおいちゃん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
  /  Photo by MIZUTAMA  /  Design by Lenny