忍者ブログ
マルコおいちゃんのドイツ生活ああだこうだ事典
≪Bar di Marco≫から旧名に復帰しました。  
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この稿は、イザ版の

http://marco-germany.iza.ne.jp/blog/folder/38859/ に続くものです。

 

 

「ワイン街道」の紹介の前に、イタリア語村からドイツ語村に嫁入りしたパオラ伯母さんについてのささやかな物語を述べたいと思います。

 

わたしから見て伯母という年齢とはいえもう83歳。でも脚が少し不自由な以外はきわめてお元気なようすです。

 

パオラ伯母さんは家内の家族が昔よくお世話になったサマー・ハウスの所有者です。

 

ところは「Fernberg」(遠い山)という、その名のとおり山道をうねうねと上がったどんづまりにその村はあります。それ以上は車では行けません。

 f2b4e23ajpeg



















村の教会


Sommerhaus.JPG























サマーハウス。かろうじて電気は通じているのが電線でわかる。




そこがドイツ語圏のほぼ西南端、山の向こうの谷間からはもうイタリア語圏がはじまるところ。

 

パオラ伯母さんはそちらの村からこちらの村へ嫁入りして来ました。どうして言葉の違う村に来ることになったかについて伯母さんははずかしがって教えてくれません。

 

伯母さんが生まれたときはもうイタリア化まっさかりの時代、南チロル全域イタリア語が強制されていました。だから伯母さんがやってきた村も役場や警察はみなイタリア語、でも家庭内ではちと事情がことなりました。

 

村はあくまでドイツ語共同体、イタリア語だけでは用がたりません。だからおばさんもドイツ語をしゃべるようになりました。

 

でも子供ができてからは子供たちとはイタリア語の会話。というわけで家庭内では独伊のバイリンガルとなりました。

 

伯母さんは、八人の子供を生んで、しかし育ったのは男四人女二人の六人だけ。そして数年前、息子の一人を病気で先立たせてしまいました。だから子供たちの話になったときは悲しそうです。

 877cf688jpeg

次男はその父親とうまくゆかず同じ村に別居、20世紀も終わりの年に最愛の夫が牛の角に眼を刺されてそれがもとで亡くなり、三男が伯母さんと一緒に住んでいるだけ。

ほかの子供たちは他の家の子供たち同様に村をすてて
MeranInsbruckに働きに行って帰ってきません。

 
















伯母さんと三男


伯母さんの日課はすこし離れた教会に散歩をかねて祈りに行くこと。悩みの種は三男にとうとうお嫁のきてがいなかったこと。だから誰も跡継ぎがいないこと。

 e562b46bjpeg



















左が教会、右が伯母さんの家。


そして自分の生まれたイタリア語村にはもう誰も身寄りがいないこと。

 

教会におまいりするたびに何を祈っているのかは伯母さんしか知りません。

 

パオラ伯母さんどうかご無事で長生きしてください。

PR
COMMENTS
この記事にコメントする 
NAME:
TITLE:
URL:

MESSAGE:

PASS:[]
なるほどなあ 
緑の香りが漂ってきそうな写真。
マルコさん一家の存在を伯母様はさぞや嬉しく思っておられるのでしょうね。
2007.08.07 18:49 Posted by nihonhanihon | Edit
標高せいぜい 
1000㍍くらいなモンでしょうが、高緯度ですから、乗鞍にいるような気候です。でも親戚じゃあありませんよ。
2007.08.07 22:25 Posted by マルコおいちゃん | Edit
あっそうなのですか 
てっきりご親戚の方かと・・・。
冬は寒いんでしょうねえ。
2007.08.08 09:44 Posted by nihonhanihon | Edit
冬といえば 
南チロル一帯はスキー場に一変します。イタリアが冬季五輪で強いのもそのお陰をこうむっているのでしょう。
2007.08.08 16:24 Posted by マルコおいちゃん | Edit
なるほど。 
最近はあまり事情を知らないのですが、一昔前ならイタリアのアルペン競技の人気者にトンバという人がいましたね。対して、ルクセンブルグ所属の燻し銀がジラルデリ(あと、スイスのなんたらゲン選手というのもいましたっけ?)。
話はイタリアから脱線しますが、ジラルデリ選手、「あーた、一体さ、何歳までエントリーする気よ?(笑)」と注目し続けていた記憶があります。「雪上のF1」と呼べるぐらい危険と隣り合わせの怪我人続出の競技なのに何年も出続けて成果を残せるのが凄かった(笑)。
2007.08.09 09:57 Posted by nihonhanihon | Edit
ちなみに 
私、運動音痴なので、スキーは得意ではありません。ボーゲンが精一杯。
2007.08.09 10:04 Posted by nihonhanihon | Edit
スキーは 
わたしには鬼門です。寒いところでぐしょぐしょになるなんて考えるだけで気持ちが萎えます。
2007.08.09 15:34 Posted by マルコおいちゃん | Edit
無題 
素敵なところですね~
人生をどこで暮らすのか、誰と暮らすのか
どんな分かれ道を経てきたのか。

伴侶を得て子を授かる。ないものねだりをすればきりがない。

悩みのタネ・・
親類にも未婚のままもう四十路というのがいっぱいいます。

晩年静かに祈る日々、
身寄りも跡継ぎもだーれもいないという最後は・・
あたしにはちっと、やっぱり、寂しいかもしれません。

でも、不思議会話はこうして交わせますね~。

2007.08.10 06:49 Posted by ひよこ | Edit
ひよさま、 
S夫人の言葉にも匹敵するようないぶし銀のような素敵なコメントありがとうございました。

パオラ伯母さんは、でも明るいヒューモアのある冗談をしょっちゅう連発する、やはりイタリア人でありました。ただ亡くなった子供たちの話を三男が始めた時の悲しそうな顔が忘れられません。
2007.08.10 15:40 Posted by マルコおいちゃん | Edit
無題 
あぁ・・・
何ていい風景・・・・・
2007.08.10 23:17 Posted by 6 | Edit
沖縄もいいけど 
山の景色もいいものでしょう?しかも空気がマイルドでそよ吹く風もやわらかい。この日はあいにくの雨模様でしたが、それでもおいしい山の気をたっぷり吸い込むことができました。
2007.08.11 05:19 Posted by マルコおいちゃん | Edit
TRACKBACKS
この記事にトラックバックする 
忍者ポイント
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
          ドイツ冬時間
最新コメント
[11/04 アムゼル]
[11/04 美月]
[10/22 美月]
[10/22 アムゼル]
[10/21 美月]
プロフィール
HN:
マルコおいちゃん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
  /  Photo by MIZUTAMA  /  Design by Lenny