忍者ブログ
マルコおいちゃんのドイツ生活ああだこうだ事典
≪Bar di Marco≫から旧名に復帰しました。  
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて豚カツですが、洋食屋ではカツレツと呼ばれる物がいつのまにか豚カツという和食に化けた経緯については詳しい研究をしたわけではないので知りません。

 

ただ前回紹介した、ウィンナー風、ミラノ風、またドイツ風ともにあくまで主食は肉片とそれをつつみこんだパン粉および油脂成分であることを承知してほしいのです。

 

ウィンナー風は、前回ごらんのとおり皿からはみ出すほどの大きさですね。でも食してみると大したことはなく実にあっさりした味わいです。

 

ゆえにドイツ人はそれを小腹が空いたときやご馳走を食べ飽いたときに食す、と述べました。ゆえなきことではないのです。

 

この肉が主食という習慣に慣れるのにはずいぶんと時間を要しました。

 

なぜって我々の食習慣からすればオカズだけをむしゃむしゃ食べているようで、「ああ、炊き立てのご飯があればもっとおいしく食べられるのになあ」といつも思うばかりでした。

 

われらの米を主食とする食習慣が「カツレツ」をして「豚カツ」に変化せしめた最大の理由ではないかと考えることに無理はなかろうと思う次第です。

 

その豚カツですが、小津安二郎の遺作・『秋刀魚の味』に佐田啓二の兄が岩下志麻の妹の意を受け同僚に妹と結婚する気があるかどうかたずねる場所に豚カツ屋が利用されていました。

 

彼ら二人はご飯なしで豚カツをビールとともに食し、その同僚はおかわりさえします。あれが正しい洋食の食べ方といってよいでしょう。とすればあれは「カツレツ」だったのでしょうか?

 

ご飯はあくまでオカズ、といってわるければ添え物といいかえましょう。

 

しかし日本の家庭における食卓ではそうも行かず、昭和30から40年代は、かなりリッチなオカズとして食卓に子供たちの歓声とともに迎えられたものです。

 

そういう豚カツが懐かしい。

 

わたしはまだ日本に住んでいたときたびたび鎌倉へ日帰り旅行をしました。東京からのアクセスのよさ。京都とは一味ちがう日本の古都風情。しかも海に面した地勢。禅寺が甍を並べる霊的な雰囲気等々すべてがよろしいわけですが、鎌倉へ行くたびに昼食は駅前の、(といって八幡宮とは反対側、そう江ノ電があるほうといったほうがおわかりやすいと思いますが)『勝烈庵鎌倉店』の豚カツを食したものでした。

 

ご飯の炊き具合もよろしいし、手作りのソースもトロッとしてまことに結構、蜆汁も懐かしい味。

 

 

 b2ef2ce0jpeg























鎌倉定食」(ロース、ヒレ、エビ)



48c65ef6jpeg

 



























じゃじゃーん、「ヒレカツ定食」にあたるスポット・ライト




0d0746adjpeg

 



























蜆を食す豚カツならぬ豚児

写真はすべて数年前の一時帰国の際撮影

 


ああ、日本へ帰りたい、鎌倉へ行きたい、『勝烈庵』の豚カツが食べたい、とウィンナー風カツレツをモソモソ食しながら考えたわたしはやはり日本人なのだと激しく自覚した次第です。

PR
COMMENTS
この記事にコメントする 
NAME:
TITLE:
URL:

MESSAGE:

PASS:[]
こっちは日本のTVがないので 
ヘイチャラでした、うふふ。負けたという事実はともあれ総理退陣なしでスッキリした気分です。そちらは豪雨で大変だとか。お気をつけて。
兵庫も牛カツでしょうね?
2007.07.30 20:08 Posted by マルコおいちゃん | Edit
豚カツでも 
上野の松坂屋そばの某豚カツ屋は結構高いんだよね。そこは小津安二郎が生前ご贔屓したので有名なところなんですが。他の二倍以上はするかな。
だから倍以上幸せになれるかと思うと、どっこい結構落ち込むなあ、「ああ、なんて余計な贅沢をした」のかと、とほほ。
2007.07.30 21:12 Posted by マルコおいちゃん | Edit
勝手な想像 
ご子息の目と顔の輪郭はマルコさんのDNAではないかと勝手に想像。

ftkstさん、ご無事でしたか。浸水地域があると聞いていますが・・・。

日本式カツといえばチキンカツも串カツもありますね。
カツカレーライスなるものも日本では調理され提供されている次第(船場カリーの巻参照)。
2007.07.31 01:27 Posted by nihonhanihon | Edit
無題 
こんばんは~
今はもう少し大きくなったであろうお子様に蜆を食べさせる優しすぎる父親・・・・
マルコおにいちゃん優しいんですね~
お子様まだ10才位でしょうか?
私は就職してすぐ結婚したので子供だけは大きいんです。

トンカツ・・・・これも食事を制限しているの(単なるダイエットだけど)で中々食べませんね。1年に一回位は食べてみたいな。




2007.07.31 01:35 Posted by damedakorea | Edit
別の話題になりますが 
さきほど、豊岡市のコウノトリの雛が巣立ちをしたとの報、入ってまいりました。
2007.07.31 14:28 Posted by nihonhanihon | Edit
DNAなら 
母親のほうをより多く受け継いでいるようです。ただ不思議と運動神経がよいので、ともにウンチの父母はいったい誰のDNAかと罪(?)をなすりつけあっています。
2007.07.31 15:49 Posted by マルコおいちゃん | Edit
蜆というものを 
初めて食するためこわごわなのが見て取れるとおもいますが。それゆえ無理やり食べさせているの図なので優しいわけではないのです。そんな優しい父親なんぞになってたまるもんですか、と言っておこう。
2007.07.31 15:51 Posted by マルコおいちゃん | Edit
すいません 
豊岡市ってどこですか?故郷のほうに鴻巣市という街がありますが、まあ関係ありませんね。
2007.07.31 15:53 Posted by マルコおいちゃん | Edit
うふふ 
運動神経・・・32人のご先祖様を調べてみるとすばしっこい人が何人かいらっしゃるのではないかと推測します。眠っている遺伝子が代を経て現れるということはよくあると思います。
豊岡市・・・兵庫県北部日本海沿岸の都市です。兵庫県北部では最大の都市です。城崎や浜坂それに出石などのタウンを統括するような組織の存在する街です。特産品としては鞄が有名です。http://www.city.toyooka.hyogo.jp/cgi-bin/odb-get.exe?wit_template=AM040000
2007.08.01 02:30 Posted by nihonhanihon | Edit
うふふ 
運動神経・・・32人のご先祖様を調べてみるとすばしっこい人が何人かいらっしゃるのではないかと推測します。眠っている遺伝子が代を経て現れるということはよくあると思います。
豊岡市・・・兵庫県北部日本海沿岸の都市です。兵庫県北部では最大の都市です。城崎や浜坂それに出石などのタウンを統括するような組織の存在する街です。特産品としては鞄が有名です。http://www.city.toyooka.hyogo.jp/cgi-bin/odb-get.exe?wit_template=AM040000
2007.08.01 09:08 Posted by nihonhanihon | Edit
しかしどうやって 
32人ものご先祖さんの運動神経を調べるんでしょうか?おせーて。
2007.08.01 15:53 Posted by マルコおいちゃん | Edit
ふふふ 
あくまでも理論的な観点で述べただけです。まあ、2~3代ぐらい前までは「あのじいちゃん、若い頃は足が速かったらしいぞ」みたいな伝説が残っているかもしれないなあ、とも思いましたので書いちゃったんですが(笑)。
2007.08.02 03:18 Posted by nihonhanihon | Edit
美味しそうだなぁ~ 
昼飯前に見るんじゃなかった…。
めちゃくちゃ美味しそうな豚カツですねー。
今日の昼飯はほっか弁の生姜焼きなので…
明日の昼飯は豚カツ食おうっと。(^^)
2007.08.02 11:36 Posted by 珈琲好き | Edit
理論的とは 
恐れ入りました。わが身を振り返ってみれば実は足は速いほうでした。しかし運動がキライという性格が災いしているのでしょう。とくに根性という概念を受け付けられない特異精神体質(??)なもんですから。
2007.08.02 16:39 Posted by マルコおいちゃん | Edit
ううむ、しょうが焼き 
テーマからはずれるとはいえ魅力のメニューではあります。オカズとしてはすぐれものの逸品です。
2007.08.02 16:45 Posted by マルコおいちゃん | Edit
理論といっても 
なんちゃって論理ですから(汗)。
根性・・・うーん、私と似た体質かもしれませんね、そうすると。
2007.08.03 01:24 Posted by nihonhanihon | Edit
そうすると 
「類は友をよぶ」または「同病相哀れむ」は真理かも知れない、ということですね、おっしゃりたいのは?
2007.08.03 17:56 Posted by マルコおいちゃん | Edit
TRACKBACKS
この記事にトラックバックする 
忍者ポイント
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
          ドイツ冬時間
最新コメント
[11/04 アムゼル]
[11/04 美月]
[10/22 美月]
[10/22 アムゼル]
[10/21 美月]
プロフィール
HN:
マルコおいちゃん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
  /  Photo by MIZUTAMA  /  Design by Lenny