忍者ブログ
マルコおいちゃんのドイツ生活ああだこうだ事典
≪Bar di Marco≫から旧名に復帰しました。  
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ギンズブルグの『ある家族の会話』には、その家族だけでつうじる言葉についての描写がありました。

 

ある親密な共同体、たとえば家族のようなものですが、おのずと言葉にしなくてもつうじる物事があります。それは隠語や符牒のようなもので理解しあえる言語環境がかもし出される、ということでしょうか?

 

家内の家族では、ある季節、すなわち晩春の一時期なのですが、そのころになると、誰からともなく「あの場所(der Ort)は、どうなっているだろうか?」、「あの場所へいってみよう」と語りはじめるのが常となっています。

 

その場所とは、家からはかなり離れた別の街の郊外にある森の、そのまたはずれにある、ある斜面なのです。

 

そこは小さな桃園なのですが、そこを訪れる目的は、桃の花でも実でもありません。

 

そこは南向きの緩やかな斜面になっていて、四月になると、桃の花も散り、桃の木の下にさまざまな野草がいっぱいに咲きそろうのです。

 

なかでも、「Sclüsselblume」(鍵の花)といわれる、辞書では「サクラソウ類の花」「プリムラ」などとでていますが、どうも全然ちがうものにしか思えない、その野草が豊富に咲きそろうのです。いちど、だむエリちゃんにささげたあの花です。

 bc5c41fdjpeg





















亡く
なった義父が、とくにこの花を愛で、その季節になるといても立ってもいられず、その場所へと赴き、大好きなブルックナーを口笛で奏でながら、まるで少女のように嬉々としてその花を手折って小さなブーケを作り、そしてそれを義母に大げさな身振りで捧げる、ということをしておりました。

 

いまはそれも思い出、その共通の思い出が、また家族を結びつける絆にもなっているのです。

 

義父が亡くなってからは、あまりそこへ出かけることもなくなりました。もういない人の思い出に哀しくなるせいかも知れません。

 

この復活祭の日曜日、誰からともなく、「あの場所はどうなっているだろう?」「行ってみようか?」という話がでて、そして数年ぶりに、その場所へそろってでかけることになりました。

 

その場所は、その場所のようにあるべき形をしてわれわれを迎えてくれました。

 d23d6381jpeg





















われわれ家族はその場所にすわって語り合い、共通の思い出を胸にしながら、午後の長い時間をすごしたのでした。

 7e9ef587jpeg





















義父の亡くなったときはまだ幼く、その記憶もうつろな豚児も、なぜかその場所が気に入ったようで、一人でながいことその場所で遊んでいました。

その場所が、われわれ家族にとっての「アルカデイア」ということを、知らずに感じ取っていたのでしょうか・・・・?

1cbd7fb9jpeg




 
 



























PR
COMMENTS
この記事にコメントする 
NAME:
TITLE:
URL:

MESSAGE:

PASS:[]
素敵! 
この画像。このお話。そしてご家族。
あ、おやぶんさんはもちろんですよ~~ん!
2007.05.07 07:05 Posted by ひよこ | Edit
うわぁ~ 
・・・ブログで間接的に浸っています。
2007.05.07 08:11 Posted by nihonhanihon | Edit
やっと 
ドイツ生活ああだこうだ、らしくなってきたでしょう?
2007.05.07 16:44 Posted by マルコおいちゃん | Edit
って何を? 
(三島先生のお言葉を拝借しました。)
もっと分かるようなコメント、お願いね、うふっ。
2007.05.07 16:46 Posted by マルコおいちゃん | Edit
おわび 
>って何を?
>(三島先生のお言葉を拝借しました。)
>もっと分かるようなコメント、お願いね、うふっ。
ボキャブラリーは少ないし、頭は悪いし・・・で、そのくせ、何か言わないと気がすまないたちで・・・申し訳ありません。その三島先生にたった今、叱られたところです。かなりのご立腹で、故意に妨害しているものではないかと疑っておられます。今、お詫びのコメントを書きました。
この2ヶ月ほどで2人。佐藤先生と三島先生、ともに重鎮ですが、要するに「あんた頭大丈夫?」とお2人に叱られたことになります。
マルコさんも含めれば、3人ですね。
気が短いせいか、深くまで掘り下げないうちに、すぐ、聞いてしまうのが私の悪いところです。
なにとぞ、お許しくださるようお願いいたします。
人間のクセはなかなかなおらないのが、歯がゆいところです。

今回の8時11分の書き込みは・・・写真の中の風景には入れませんが、気分としてはその場所の空気を吸ったつもりでいます、という意味でした。それもわかりにくいですね。

ぶっちゃげた話、私って、ハードディスクの容量はそこそこですが、メモリーチップがとても弱いので、そこがウイークポイントです。
今後も「馬鹿は馬鹿なりに、若輩は若輩なりに」頑張りますのでぜひともご容赦ください。
2007.05.07 19:33 Posted by nihonhanihon | Edit
ああ、そうですか? 
やっと分かりました。こっちは莫迦な頭なもんで。
2007.05.07 20:50 Posted by マルコおいちゃん | Edit
無題 
こんばんは~
プリムラ、可愛いですよね。黄色の花は好きです!
ほのぼのする田舎町の風景ですね~家族揃ってのんびり出来て良かったですね。羨ましいです。
いいな~

2007.05.08 01:54 Posted by damedakorea | Edit
本当の事情が判明しました 
昨日、三島先生に叱られたと書きましたが、どうやら事情が違ったようです。
ご迷惑をおかけしました。
2007.05.08 11:21 Posted by nihonhanihon | Edit
自分に送られた花を 
忘れていたのかしらん?
2007.05.08 15:53 Posted by マルコおいちゃん | Edit
S子さんて 
日本人じゃないでしょう?変な日本語を書かれますもんね。
2007.05.08 15:54 Posted by マルコおいちゃん | Edit
Re:S子さんて  
そうなんですかねえ・・・。私は10代の方だという印象があるのですが。つまり今もなおサヨクバリバリの学習環境の中で勉学している最中ということと、「成人の人に肩を並べたい」という気持ちと、「地味なものよりもカッコよさげなことに惹かれてしまう」ということが絡み合った結果、と見ていたのですが・・・。
2007.05.08 23:16 Posted by nihonhanihon | Edit
私はむしろ 
S子さんと親交が深いという某新聞社社員を名乗るM氏がS子さんにいろんなことを吹き込んでいるのではないかとも推理しています。
女性論は別としてS子さんのブログの歴史を辿るとM氏が東京にてS子さんと語らったあたりからより一層左ブレしているように見えました。
皇祖云々に関しては江波説の弊害じゃないでしょうか?
なお本当に某I氏を賛美しているのでしょうかね?皮肉って書いているつもりが滑っていたりして(笑)。
2007.05.09 00:27 Posted by nihonhanihon | Edit
詳しいですね 
ちらと覗いて、すぐに興味が失せたので、よく知りません。三島先生へのコメントで解読不明の文章があったので、そう思っただけです。
2007.05.09 04:45 Posted by マルコおいちゃん | Edit
もしかしたら 
マルコさんの思われることのほうが正解なのかもしれませんが。私は以前に蓮さんのところであの方と何日がかりかで討議したことがありまして・・・。それで多少ブログを拝見したことがあるだけです。さほど詳しいわけではないです。
それは先生の論を読む以前のことでありましたが私なりの「ルールまとめ見解」について語りました。よろしければこっそりと覗いてみてください。こっそりと。
http://hakkiriーie.iza.ne.jp/blog/entry/146334
2007.05.09 23:06 Posted by nihonhanihon | Edit
ご苦労様です、でも 
http://hakkiriーie.iza.ne.jp/blog/entry/146334

は、「該当するコンテンツがありません」とのことです。
2007.05.09 23:25 Posted by マルコおいちゃん | Edit
あらら 
消えちまいましたか。
2007.05.10 00:38 Posted by nihonhanihon | Edit
この方法なら見つかるかも 
http://hakkiri-ie.iza.ne.jp/blog/folder/9683/
の表ばかり、いや、占いの下にあるながーいエントリーです。
2007.05.10 00:44 Posted by nihonhanihon | Edit
今イザにつながらないので 
また後で見てみましょう。
2007.05.10 05:53 Posted by マルコおいちゃん | Edit
なんとコメント数80! 
すごいことになってたんですねえ。いやあ、うっかりみのがしてました。
でもだいたいのところが掴めました。ご教示ありがとうございました。
2007.05.10 06:26 Posted by マルコおいちゃん | Edit
そんなにも数いってたんですか? 
びっくらり。気づかなかった。
2007.05.10 09:03 Posted by nihonhanihon | Edit
わぁ~♪ 
いい風景ですね。
大仰にお花をプレゼントする光景・・・想像しました。外国ならではの情景でしょうね。

ドイツはもう暖かそうですね~
春ですね~♪

S子?だれだろう?
2007.05.11 17:42 Posted by 6 | Edit
ここ数日 
また冷え込んでます。もう夏は終わった、とのもっぱらの噂です、とほほ。
S子のSは櫻です。
2007.05.11 21:35 Posted by マルコおいちゃん | Edit
TRACKBACKS
この記事にトラックバックする 
| Caffè Italiano | top | みちこさんへ |
| 29 | 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 |
忍者ポイント
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
          ドイツ冬時間
最新コメント
[11/04 アムゼル]
[11/04 美月]
[10/22 美月]
[10/22 アムゼル]
[10/21 美月]
プロフィール
HN:
マルコおいちゃん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
  /  Photo by MIZUTAMA  /  Design by Lenny