忍者ブログ
マルコおいちゃんのドイツ生活ああだこうだ事典
≪Bar di Marco≫から旧名に復帰しました。  
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シクラメンというと、すぐに小椋桂の≪シクラメンのかほり≫を思い起こす世代としては、この花には特別な、しかし抽象的な思い入れがあるものです。

あのころは、特別な社会状況で、といっても特別でない社会状況などあるはずもありませんが、たとえば新宿西口広場のファーク・ゲリラが規制されて、西口通路となってからも、柱の陰で自作の詩集を売る少女、なんてのも見られたものでした。

小椋桂の唄には、そのころの雰囲気が染み付いていてなんだか鬱陶しく、今はまったく聴くこともありません。

それは惨めだった自己の「青春」時代を思い出したくない、という思いもこもっているのでしょうか?しかし、明るく爽やかで幸福にみちた青春なんてものがあったら、ぜひ拝見したいものです。

そのもっと以前に
TVでいわゆる「青春物」が流行って、泥だらけのいかにも汗臭そうな体育系が、「これが青春だ!」なんて叫んだりしていたものです。ああやだやだ。

それに比べれば、小椋桂の唄はまだまだ甘さがあるものの、少しはナイーヴなセンチメンタリスムがあって、それなりに受けていたように思います。

ところで小椋桂ってご存知?

まあいいや、本題はシクラメンでした。

この春に撮影した野生のシクラメンを紹介しようと書き始めて、ずいぶんと余計なことをしゃべってしまったようです。

あしからずお許しください。以下の写真がそうです。

あなかしこ

マルコ軽薄(敬白の誤りか?)



花はかなり小さく、せいぜいが2センチ弱というところでしょうか。この花を、みちこさんに捧げます。


e094ee89jpeg





















人気blogランキングへ参加しました。よろしければ応援のクリックをお願いします。

 

36a02c91gif
PR
COMMENTS
この記事にコメントする 
NAME:
TITLE:
URL:

MESSAGE:

PASS:[]
一輪とは小粋な 
野生の一輪とは小粋ですね。
シクラメンは鉢に何本も植えるのが普通ですから、一本で一輪だけ咲くシクラメンなんて初めて見ました。
周りとの対比からも小ささがうかがい知れます。
と、言いますか・・・よく、こんなにちっちゃいかわいいのを見つけましたね。
2007.05.06 08:14 Posted by scopedog | Edit
小椋桂について 
小椋桂大好き人間。

しおさいの詩・六月の雨・木戸をあけてなど初期の頃の歌も好きです。
2007.05.06 12:14 Posted by inkyo | Edit
銀行員小椋桂 
デビュー時は銀行員だった記憶があるのですが・・・あの暗さがたまりません。
「少しは私に愛を下さい」という歌もあったな。
良く聞いたなあ。「しおさいの唄」も・・・
2007.05.06 12:14 Posted by 遊友 | Edit
小椋さんは 
銀行のかなり上層部まで出世しつつ、詩を書き続け、節をつけ続け、そして歌い続け、人々に伝え続けましたよね。
結局、取締役の話は断り、そのまま円満退職されたそうですね。
なお、最近はご病気で喉の調子が一頃ほどではないと聞きました。
あの時代の著名な歌い手というのは「歌手」というよりも、「まず詩人」で、いわば「詩人が自分の詩に節をつけて人々に語りかけている」ようなものがとても多いですね。
と言いつつも私自身の好みとしては、小椋さんは職人としては素晴らしいし、質もいいのですが、あまり聞くと気が滅入るので、滅多に自分から聞こうとは思いません。
・・・「白い一日」って歌もありますね。
2007.05.06 21:21 Posted by nihonhanihon | Edit
深みのある色ですね 
マルコおいちゃんさん、野生のシクラメンをプレゼントして下さってありがとうございます♪
こんなに小さな花だったなんて・・・想像もしていませんでした。
小椋桂のシクラメンのかほりは、わたしが中一の時に大ヒットしたように記憶しています。
「淋しささえもおきざりにして 愛がいつのまにか歩きはじめました」
何となく惹かれるものを感じて、この歌詞だけは今も覚えているのですよね~。(笑)
2007.05.06 22:36 Posted by みちこ | Edit
ダークサイドに咲いていた 
花です。一輪だけすっとたち上がっていて、健気でしかも美しく、一人で生きる女性にふさわしいと思いました。
2007.05.07 00:14 Posted by マルコおいちゃん | Edit
ご隠居さんも 
そうだったのですか?
あたしは初期のころしか知りません。シンプルな音楽に少しセンチな詩がよかったですね。
2007.05.07 00:16 Posted by マルコおいちゃん | Edit
遊友さん 
たしか、はじめてとお見受けしますが、ようこそ。
第一勧銀にお勤めだったはずです。(タイトルは忘れました、森谷司郎監督の東宝)映画の主題歌に採用されて評判になったと記憶しています。それが「しおさいの唄」だったような・・・・。
2007.05.07 00:20 Posted by マルコおいちゃん | Edit
小椋桂さんの 
レコードもCDもまったく所有していません、だから聞くこともないわけです。以前はFMから録音したテープをもっていましたが、自然と紛失してしまいました。そう、まるで青春のように・・・・。
「白い一日」ってのもそうでしたっけ?井上陽水かと思ってました。
2007.05.07 00:24 Posted by マルコおいちゃん | Edit
みちこさんは 
まだお若いのですね、うふふ。
この唄は、むしろ布施明でヒットしたと思います。小椋桂のものと知らずに記憶している方々も多いのでは・・・?
2007.05.07 00:26 Posted by マルコおいちゃん | Edit
まあ作品の供給というのは 
よくある話ですからね。「シクラメンのかほり」が布施さんの歌でヒットしたように、「白い一日」もまた、陽水さんが・・・、とそういうことですよね。
ありゃ、また歌謡曲の話を・・・(笑)。
2007.05.07 06:57 Posted by nihonhanihon | Edit
ところであるブログにて 
ドイツの年金事情について「どうなってんのかな~?」という話題が出ました。くらくなりそうな話だったので小椋さんの話題の後に書き込むことにしました。
2007.05.07 08:16 Posted by nihonhanihon | Edit
布施明が 
作曲できるとは考えられないので、ああ他人の曲だな、とすぐ分かりますが、陽水の場合は一応いわゆるシンガーソングライターですからね・・・。
2007.05.07 16:38 Posted by マルコおいちゃん | Edit
年金事情の 
何がお知りになりたいのでしょうか?
ますます悪化しているのは何処も同じでしょう。
支払いが多く、受給は少ない、と。
ちなみに現在65歳定年ですが、おそらく十年後には66歳になり、さらにスライドしてゆくことになっています。老後の住まいを確保するのが頭痛の種です。何処に、どれくらいの広さの、と。
2007.05.07 16:42 Posted by マルコおいちゃん | Edit
おおむね 
ドイツでは50歳以上の半分以上が失業中という情報がありまして、約1200万人の無職の人々(20年ほど無職状態が続いている)はどうやって暮らしているのかな、日本も同じような状況になってくるし・・・。
という話題でした。
2007.05.07 16:47 Posted by nihonhanihon | Edit
へえそうですか? 
若年層に失業が多いのが問題とばかり思ってました。それはまさにニートの問題です。

失業一年目は、もとの給料の約65%、二年目は45%(だったかな?)。三年目からは社会保障に切り替えられ生活保護が少し出ます。
2007.05.07 20:48 Posted by マルコおいちゃん | Edit
すこしばかりお話を 
当該ログに紹介させていただきたく存じます。
明日あたりに情報を乗せようと思います。
(今日は5月に入って初めての休日で明日も休みなんです)
2007.05.07 21:21 Posted by nihonhanihon | Edit
むむ、それをなぜ・・・  
>小椋桂のものと知らずに記憶している方々も多いのでは・・・?

仰せの通り、最初に読んだ時小掠桂でなくて布施明じゃーんと思いました。
でも、念の為にググってみたら本当に小掠桂作詞作曲なんですね。
全然知りませんでした。m(_ _)m
2007.05.08 01:39 Posted by scopedog | Edit
むむ、つまり 
あたしを疑っていたわけね、あーぁ、やだやだ。
2007.05.08 15:51 Posted by マルコおいちゃん | Edit
TRACKBACKS
この記事にトラックバックする 
| 家族の場所 | top | 須賀敦子の足音 2 |
| 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 |
忍者ポイント
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
          ドイツ冬時間
最新コメント
[11/04 アムゼル]
[11/04 美月]
[10/22 美月]
[10/22 アムゼル]
[10/21 美月]
プロフィール
HN:
マルコおいちゃん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
  /  Photo by MIZUTAMA  /  Design by Lenny